毎日様々なトラブルと直面しています。これまでに当店で整備をした記録の一部をご紹介しましょう。
似たような症状でお悩みの方、お早めにご相談ください。
 1.タイミングベルト交換  2.消耗品交換  3.消耗品交換U  4.エンジン修理  5.エンジン不調
 6.オーバーホール  7.エアコン修理  8.ヒーター修理  9.オーバーヒート  10.カブリオレ幌交換
 11.ドレスアップ  12.自分でメンテナンス  13.足回り交換  14.ブレーキOH  15.トランスプログラム
 16.AT載せ換え  17.天井修理  18.モール交換  19.究極のボディー補強  20.O2センサー交換
 21.カムチェーン異音対策  22.リヤスクリーン交換  23.オイル漏れ  24.リヤ足回りブッシュ交換  25.シート修理
 26.メーター修理  27.社用車点検整備  28.ベルトテンショナー  29.レジスター交換  30.クラッチ交換
 31.エアバック警告  32.オンボードCP修理  33.4輪アライメント調整  34.パワーウインド修理  35.社外スタビライザー修理
 36.クーラント漏れ修理  37.必須冷却系修理  38.社用車定期点検その2

*番外編* 出張修理 in Hawaii
 オーバーヒート対策  アイドリング不調  ブレーキ交換  マフラー修理  マフラー修理U
 マフラー修理V  ドアハンドル交換

Maintenance in Hawaii

オーバーヒート対策
2003,1
ありがたいことに、当店にも海外からの問い合わせが入るようになりました。
一年を通して、温暖な気候で有名なハワイ。思った以上にBMWオーナーは多いようです。
しかし、この気候によって引き起こされるオーバーヒートは、頭を抱えてしまう悩みのようです。
しかも、修理となると、残念なことに高額なディーラーに頼るしかないらしいのです。
ましてや島国。アメリカの中でも一番高いらしい・・・。なんと、日本より高い場合もあるそう。
さて今回のご依頼人は、ハワイで旅行業を営む宇井氏。
数年前から、遠く離れたハワイより、メールのやり取りをさせていただいてました。


−− BMW HONOLULU前で宇井氏と −−


地元の人から見ても、ちょっと敷居の
高い場所・・・。

−−  日本未発売の ” Z4 ” −− 


ハワイでの人気も高いそう。
幌を開けて、海岸線を走ったら気持ちよさそう!

−− BMW HONOLULU 修理工場 −−

せっかく来たので、修理工場を見学させてもらいました。
日本のように、せかせかとし雰囲気はなく、なんとなくのんびりとして見えます...。
宇井氏の話によると、修理工場に限らず、多くの場面に於いて、約束の期間を過ぎてしまうのは日常茶飯事だそう。
それもハワイアンスタイルと言うところですかね!?

−−  路上での作業 −−

当然のことながら、レンタルできる修理工場などあるはずもなく、路肩に寄せて作業をしました。
今回のメインは、オーバーヒート対策。
ウォーターポンプ、サーモスタット、ファンカップリングなどを交換。
また、ヒビだらけだった燃料ホースも全て交換。
Tシャツに短パンで出来るような作業ではありませんね。
路上でジャッキアップするなんて、今考えたら恐ろしい...?

−− 作業風景 −−

専用ツールも持ち込んでの修理。
でも、いつもとは勝手が違います。
  

−− 解体業社めぐり −−

地元の解体業社をまわって、使える部品を徴収。
そうでもしなければ、部品がいつ入庫されるのが定かでない?
どこの国でも、手に入らない部品があれば、まず第一に頭を使うべし。

 *消耗品は、できるだけ新品を使いましょう。

今回は、ひとまず大掛かりな修理を終え、走行には問題なく乗れるようになりました。
でも、かなり荒れた状態。問題はまだまだありそうです...。




今回修理をさせていただいた宇井氏は、ハワイ在住14年で、旅行代理店を経営されています。
とてもフレンドリーな方で、旅行業務の他、ハワイアンウエディング・留学などの相談にも、親身になってのってくださいます。

ぜひ、ホームページを覗いて見てください。


次ページへ
   copylight (c) 2005 poleposition all rights reserved.