Maintenance in Hawaii

マフラー修理 U.
今回で5回目となった出張修理inHAWAII。 大分完成に近づいてきました。
さて、今回の作業は、前回中途半端に終わってしまったマフラー修理の続きからです。
今回は、同じ6シリーズに乗る、NY出身のK氏に手伝だっていただきました。
マフラーは、中間のリゾネーターがかなりボロボロで、前回やったパテ埋めは見事に剥がれていました。
そこで、今回は本格的に修理することにしました。
材料は現地で調達するのが一番! そこで、HOME DEPO(ホームセンター)で針金やアルミ板を購入。
パテで固めた後、アルミ板で補強。更に針金でマフラーを固定し完成!臨時調達した割には、上手く仕上がったのではないでしょうか。これで、なんとかマフラーの役目も果たせるでしょう。
下にもぐる為のスペースを確保するのが難点でしたが、歩道に乗り上げてジャッキアップと言う、掟破りの作業です。
続いて、ウインカーレバーがハンドルを戻しても戻らない修理 (12、自分で出来るメンテナンス参考)や、前回やったブレーキ修理の再チェック。
最後に、エンジンルームを磨いて、今回の作業は終了です。
氏の633csiも、以前に比べてかなり調子が良くなりました。後は、オイルや消耗品のこまめなチェックを欠かさなければ、何年でも乗り続けることが出来るでしょう。
その後はいつもの様にBMW HONOLULUへ。
日本に導入前のM5と550iを一足先に拝見。M5のエアロやブレーキの迫力は凄かったです。
 
2006,1

  copylight (c) 2005 poleposition all rights reserved.