Maintenance in Hawaii

ブレーキ交換
今回で3回目となった宇井氏の修理。
前回までは、路上などでの危険な場所だったので、今回は少し落ち着いたところを探したところ・・・。
そこで今回の臨時修理工場(?)となったのが、アラモアナビーチパークの駐車場。ご存知の方も多いかと思います。
どちらにしても炎天下には違いはありませんが、ここなら遠慮もいらないということで。
今回は、当社を建設してくださった喜見建設の石川社長、そして、アメリカから部品を輸入している、IPS社長のRickも手伝ってくださいました。

まずは、ライトの不調とのことなので、電気配線修理から。 暑くても風は爽やかです。
パッド交換。
部品は出来る限り、日本から持参しました。
車載工具のジャッキで修理。
日頃の設備が、改めて有難く思える瞬間です。
上げて見ると、想像以上にダメージが・・・。
ブレーキフルードは墨のようでした。
左がRick。
地元の人達も珍しそうに、話しかけてきます。
慣れたもので、ローター交換も1時間以内で完了です。 外したフロントローターと、なぜか片側だけについていたダストカバー(?)


リヤパッドとブレーキフルードの交換が終わり、フロントに移って問題が・・・。
フロントはパッドだけでなく、ローターに歪みが出ていました。
いつもなら、在庫がいくらでもあるので、何ら問題は発生しないのですが。
すぐにローターを買いに、BMW Honoluluへ。しかし、車が車だけにハワイに在庫なし!
すぐに、部品販売会社IPSのRickにメールで注文。
実は、このRickとも3日後にハワイで待ち合わせて、一緒にバカンスを楽しむ予定だったのです。
しかし、滞在中に届くかどうか分からないとのこと・・・。
そこで彼は、14kgもあるフロントローターを、スーツケースに入れて持ってくると言い出しました。
さすがにそんなことはさせたくなかったのですが、どうしても持って行くと言い張って聞きません。
彼らは3日後、遠いアイダホの地から、ローターをぶら下げてやって来ました。
しかも、交換作業までも手伝わされる始末です。
彼らにとって初めてのハワイは、いったいどのような思い出になったのでしょう・・・?

2005,1
   copylight (c) 2005 poleposition all rights reserved.