毎日様々なトラブルと直面しています。これまでに当店で整備をした記録の一部をご紹介しましょう。
似たような症状でお悩みの方、お早めにご相談ください。
 1.タイミングベルト交換  2.消耗品交換  3.消耗品交換U  4.エンジン修理  5.エンジン不調
 6.オーバーホール  7.エアコン修理  8.ヒーター修理  9.オーバーヒート  10.カブリオレ幌交換
 11.ドレスアップ  12.自分でメンテナンス  13.足回り交換  14.ブレーキOH  15.トランスプログラム
 16.AT載せ換え  17.天井修理  18.モール交換  19.究極のボディー補強  20.O2センサー交換
 21.カムチェーン異音対策  22.リヤスクリーン交換  23.オイル漏れ  24.リヤ足回りブッシュ交換  25.シート修理
 26.メーター修理  27.社用車点検整備  28.ベルトテンショナー  29.レジスター交換  30.クラッチ交換
 31.エアバック警告  32.オンボードCP修理  33.4輪アライメント調整  34.パワーウインド修理  35.社外スタビライザー修理
 36.クーラント漏れ修理  37.必須冷却系修理  38.社用車定期点検その2

*番外編* 出張修理 in Hawaii
 オーバーヒート対策  アイドリング不調  ブレーキ交換  マフラー修理  マフラー修理U
 マフラー修理V  ドアハンドル交換

Maintenance Log.8

ヒーター修理

暑い夏にはヒ−タ−なんて関係ない・・・と思ってませんか?
実は、ヒ−タ−やヒ−タ−バルブが故障すると、エアコンが効かなくなるんです。
ヒ−タ−は、エンジンの冷却水(ク−ラント)を室内にホ−スで入れて、その熱を利用して温風を出します。
温度調節で冷たい方に合わせて、エアコンを付けてもぬるい風しか出てこない・・・。
そんな経験ありませんか?
これはヒータを掛けていないつもりでも、ヒーターが入ってしまっている症状なのです。
実は、エアコンの不良だと思って持ち込まれる修理の約10%がヒ−タ−系の故障なのです。

ヒ−タ−コアは、エアコンのエバポレ−タ−の下に入っています。 ヒ−タ−コア
故障でコアからク−ラントが漏れていました

エアコンのコンプレッサ−が動いていて、冷媒が循環していてもエアコンが効かない場合は、まずエアコンのスイッチを切り、温度調節を熱くしてヒ−タ−を動かしてみてください。
熱い風が出てきますか? 出て来たら次に、温度調節を冷たい方へ。熱い風が出なくなれば、ヒ−タ−バルブは正常です。
もし、上記の作業をしても熱い風が出なかったり、冷たいほうにしても熱いままなら、おそらくヒ−タ−バルブの故障でしょう。


ヒ−タ−バルブ

3シリ−ズは、ヒ−タ−コアの付け根にあります
5シリ−ズ以上では、エンジンル−ムと室内の境目にあるので、外すのは簡単

古いモデルには、インナ−キットと言って中身だけ交換することもできます。
部品代もアッセンブリ−交換の半分位

エアコンの故障で修理するより、はるかに安くなおりました。
運がよければ、少ない予算で、快適で涼しいカ−ライフが戻ってきます。


前ページへ         次ページへ
   copylight (c) 2005 poleposition all rights reserved.