毎日様々なトラブルと直面しています。これまでに当店で整備をした記録の一部をご紹介しましょう。
似たような症状でお悩みの方、お早めにご相談ください。
 1.タイミングベルト交換  2.消耗品交換  3.消耗品交換U  4.エンジン修理  5.エンジン不調
 6.オーバーホール  7.エアコン修理  8.ヒーター修理  9.オーバーヒート  10.カブリオレ幌交換
 11.ドレスアップ  12.自分でメンテナンス  13.足回り交換  14.ブレーキOH  15.トランスプログラム
 16.AT載せ換え  17.天井修理  18.モール交換  19.究極のボディー補強  20.O2センサー交換
 21.カムチェーン異音対策  22.リヤスクリーン交換  23.オイル漏れ  24.リヤ足回りブッシュ交換  25.シート修理
 26.メーター修理  27.社用車定期点検  28.ベルトテンショナー  29.レジスター交換  30.クラッチ交換
 31.エアバック警告  32.オンボードCP修理  33.4輪アライメント調整  34.パワーウインド修理  35.社外スタビライザー修理
 36.クーラント漏れ修理  37.必須冷却系修理  38.社用車定期点検その2

*番外編* 出張修理 in Hawaii
 オーバーヒート対策  アイドリング不調  ブレーキ交換  マフラー修理  マフラー修理U
 マフラー修理V  ドアハンドル交換

Maintenance Log.36

クーラント漏れ修理

今回は、E39型アルピナB10−4.6のクーラント漏れの作業です。
駐車場に、クーラントの跡があるとのことで、持ち込まれました。

開けて見ると、V型エンジンの開いたバンク中央、後ろ側から漏れている様子。
しかし、インテークマニホールドが中央にある為、隠れていて良く見えない場所です。
ミラーを使用して、漏れている場所の特定をしました。

チェック後、前方ウォーターポンプから後方ヒーターホースへクーラントを送るパイプの繋ぎ目からの漏れを発見。
裏側のケース&ウォーターポンプを外してパイプを抜き取り、Oリングガスケットを交換して、作業は完了しました。

しかし、納車して1週間後、オーナーよりまだ漏れているとの連絡が入り、再点検をさせていただきました。
今回は更に細かく、インテークマニホールドを分解して確認。
すると、ヘッドガスケット抜けかと心配しましたが、両バンクの中央のカバーのガスケットから、うっすらと漏れていることが判明!

恐らく、熱が一番こもる場所なので、アルミ製のカバーが歪んでしまった為だと推測します。
これは、アルピナエンジン特有の故障ではなく、ベースエンジンのV型エンジン全てに起こる症状だと思います。
もちろん部品は、BMWの純正部品を使うことができます。
アルピナ専用部品ではないので、不安に思われている方、参考になさってください。

ちなみに、ガスケット単体では部品が出ないとのディーラーの返答・・・。
カバーごと、アッセンブリー交換になりました。


V型4600ccアルピナB10エンジン 水漏れ原因を探す為にインテークマニホールドを脱着 バンクの中央部にLLC漏れを発見!!
前回漏れていたパイプからは漏れていない・・・。 中央のケース右側から漏れていました ガスケット単体は無し。
ケースごと交換になります
ガスケットの厚さが違いますね ケースの中には冷却水が通るスペースが見れます ケースを規定トルクで締め付けます
当然インテークマニホールドガスケット等も新品に交換 インテークマニホールドを元に戻して完成! 完調のアルピナエンジン復活!!

今回のアルミカバーは簡単にはチェックできない場所です。
V型エンジンのクーラント漏れの症状がある方は、是非参考なさってください。

アルミ製のカバー⇒
10,248円
その他ガスケット類⇒約10,000円
クーラント他⇒約5,000円
工 賃    ⇒30,000円
2009.10

前ページへ
   copylight (c) 2005 poleposition all rights reserved.