毎日様々なトラブルと直面しています。これまでに当店で整備をした記録の一部をご紹介しましょう。
似たような症状でお悩みの方、お早めにご相談ください。
 1.タイミングベルト交換  2.消耗品交換  3.消耗品交換U  4.エンジン修理  5.エンジン不調
 6.オーバーホール  7.エアコン修理  8.ヒーター修理  9.オーバーヒート  10.カブリオレ幌交換
 11.ドレスアップ  12.自分でメンテナンス  13.足回り交換  14.ブレーキOH  15.トランスプログラム
 16.AT載せ換え  17.天井修理  18.モール交換  19.究極のボディー補強  20.O2センサー交換
 21.カムチェーン異音対策  22.リヤスクリーン交換  23.オイル漏れ  24.リヤ足回りブッシュ交換  25.シート修理
 26.メーター修理  27.社用車定期点検  28.ベルトテンショナー  29.レジスター交換  30.クラッチ交換
 31.エアバック警告  32.オンボードCP修理  33.4輪アライメント調整  34.パワーウインド修理  35.社外スタビライザー修理
 36.クーラント漏れ修理  37.必須冷却系修理  38.社用車定期点検その2

*番外編* 出張修理 in Hawaii
 オーバーヒート対策  アイドリング不調  ブレーキ交換  マフラー修理  マフラー修理U
 マフラー修理V  ドアハンドル交換

Maintenance Log.34

パワーウインド修理

日本国内に輸入されているBMWには、全てに車種、モデルにパワーウインドがついています。
いまや当たり前になったこの装備、年式により変化(進化?)しているようですが、実によく壊れます。
下がらなくなったのならまだ良いですが、上がらなくなってしまって窓を開けたまま雨の中を走行すると言う悲惨な目に遭わないように、皆さんも普段窓を上げ下げしている際に、ちょっとでも異音がしたらすぐにチェックをするようにしましょう。


年式別レギュレーター各種
E30等80年代の車のレギュレーター。
スパイラル状のレギュレーターを使用していました。
作動音は多少大きめですが、故障は少ないようです。
E34、E36等90年代のレギュレーター。
パンタグラフ式になりました。
レギュレーターとガラスの取り付け部分がよく壊れ、トラブルも増えてきました。
E39、E46など90年代後半からのレギュレーター。
ワイヤー式になりました。
一番の理由は静粛性だと思いますが、一番壊れます。

レギュレーター交換例 ≪2000年式 E46 318≫
まずはドアの内張りを外します。 最近の車にはドアにもエアバッグが付きます。
安易に外すと暴発の恐れもあります。
ワイヤー式の一番の弱点
ワイヤーとローラーが絡みついて動かなくなります。
防音と防水の役目をするインシュレーター。
外す際に破れてしまいます。
勿論、要交換です。
交換には狭い場所を奥まで手を入れて作業します。
モデルによってはガラスを外さないと交換できない車種もあります。
モーターの動きを良くするために専用グリスを塗ります。


最後に動作確認をして完了です。

今回の作業費用は...。(2000年式 E46 318)
レギュレーター   →
11,655円
インシュレーター   →
4,578円
防水ブチルテープ →
1,890円
工賃         →
8,400円

*中には、モーター本体が動かなくなってしまっていることもあり、場合によってはモーター部品代として、25,000円〜35,000円が必要になることもあります。

2009.2

前ページへ
   copylight (c) 2005 poleposition all rights reserved.