毎日様々なトラブルと直面しています。これまでに当店で整備をした記録の一部をご紹介しましょう。
似たような症状でお悩みの方、お早めにご相談ください。
 1.タイミングベルト交換  2.消耗品交換  3.消耗品交換U  4.エンジン修理  5.エンジン不調
 6.オーバーホール  7.エアコン修理  8.ヒーター修理  9.オーバーヒート  10.カブリオレ幌交換
 11.ドレスアップ  12.自分でメンテナンス  13.足回り交換  14.ブレーキOH  15.トランスプログラム
 16.AT載せ換え  17.天井修理  18.モール交換  19.究極のボディー補強  20.O2センサー交換
 21.カムチェーン異音対策  22.リヤスクリーン交換  23.オイル漏れ  24.リヤ足回りブッシュ交換  25.シート修理
 26.メーター修理  27.社用車定期点検  28.ベルトテンショナー  29.レジスター交換  30.クラッチ交換
 31.エアバック警告  32.オンボードCP修理  33.4輪アライメント調整  34.パワーウインド修理  35.社外スタビライザー修理
 36.クーラント漏れ修理  37.必須冷却系修理  38.社用車定期点検その2

*番外編* 出張修理 in Hawaii
 オーバーヒート対策  アイドリング不調  ブレーキ交換  マフラー修理  マフラー修理U
 マフラー修理V  ドアハンドル交換

Maintenance Log.33

4輪アライメント調整

「4輪アライメント調整」。最近良く聞くキーワードだと思います。
最近は、ディーラーではもちろん、大手カー用品店などで導入が進んでいるようです。

アライメントはなぜ狂うの?
本来、自動車の4輪のタイヤには、それぞれの車種に合った角度が付いています。
・タイヤを前から見た角度がトウ角
・タイヤを横から見た角度がキャスター角
・タイヤを上から見た角度がキャンバー角
・足回りの根元部分のキングピン傾斜角などなど...。
これらは走行を繰り返すことによって、徐々に狂ってきます。

4輪アライメントの必要性
これらが狂っていると、『真っ直ぐ走らない』『ふらついて安定しない』『タイヤが片減りする』『燃費が悪くなる』など、運転をするにあたって悪影響が出てきます。
タイヤが新品の時と磨り減ってからも大きく変わりますし、車検では『トウ角』が狂っていると検査に合格しないので、トウ角は車検整備で調整します。
しかし、キャスター角やキャンバー角は車検整備では調整しませんので、定期的に4輪アライメント調整を取ることをお勧めします。

当社では、最新のアライメントテスターを導入した専門のアライメント工場と提携し、BMWやアルピナに合った正確なアライメント調整を行っています。
高額なテスターがあっても、それを調整する技術者の腕がないと、正確な調整を行うことはできません。
新車当時の正しい角度に調整して、スムーズな走りを取り戻してみませんか?

基本工賃、15,750円
調整一箇所につき、3,150円
通常、1泊2日〜のお預かりにて承っております。
尚、方べりしたタイヤや足回りにガタが大きい車などは、調整出来ない場合がありますのでご了承ください。
*要予約

実際のアライメント調整の様子を御覧下さい。

BMW M3(E36、3200cc)
車種にあったデーターを細かく分析 4輪にテスターが付きます ミリ単位で調整していきます

アルピナ B10−3.2(E39)

アルピナ B10−4.6(E39)

アルピナ B3−3.2(E36)

アルピナ B3−3.0(E36)

BMW 740i(E38)
2008.7

前ページへ
   copylight (c) 2005 poleposition all rights reserved.