毎日様々なトラブルと直面しています。これまでに当店で整備をした記録の一部をご紹介しましょう。
似たような症状でお悩みの方、お早めにご相談ください。
 1.タイミングベルト交換  2.消耗品交換  3.消耗品交換U  4.エンジン修理  5.エンジン不調
 6.オーバーホール  7.エアコン修理  8.ヒーター修理  9.オーバーヒート  10.カブリオレ幌交換
 11.ドレスアップ  12.自分でメンテナンス  13.足回り交換  14.ブレーキOH  15.トランスプログラム
 16.AT載せ換え  17.天井修理  18.モール交換  19.究極のボディー補強  20.O2センサー交換
 21.カムチェーン異音対策  22.リヤスクリーン交換  23.オイル漏れ  24.足回りブッシュ交換  25.シート修理
 26.メーター修理  27.社用車点検整備  28.ベルトテンショナー  29.レジスター交換  30.クラッチ交換
 31.エアバック警告  32.オンボードCP修理  33.4輪アライメント調整  34.パワーウインド修理  35.社外スタビライザー修理
 36.クーラント漏れ修理  37.必須冷却系修理  38.社用車定期点検その2

*番外編* 出張修理 in Hawaii
 オーバーヒート対策  アイドリング不調  ブレーキ交換  マフラー修理  マフラー修理U
 マフラー修理V  ドアハンドル交換

Maintenance Log.24

リヤ足回りブッシュ交換

フロントのアームやブッシュの交換はよく承りますが、リヤのブッシュ類は交換するのがとても大変。
工賃も高くなりますので、なかなか踏ん切りがつかず、目をつぶってしまっている方も少なくないのかもしれません。
しかし、そもそもゴム製のブッシュは、どんなに大切に乗っていても年数が経つにつれ劣化してしまうもの。長く乗っていれば必ず行わなくてはいけない作業です。
もしも、潰れたり亀裂が入ったままのブッシュで走り続けると、まっすぐ走らなかったり高速での車線変更でリヤがフラついたりと、大変危険です。
思い切って交換し、新車の走りに近づけましょう。

E36編
リヤ廻り全て外していきます デフも外します E30と比べてリヤ廻りが進化しているのがよくわかります
全て外したところ アームには何個もブッシュがついています ブッシュ類は全て外します
ブレーキ類も外しました 一つ一つ専用工具で抜いていきます ブッシュの抜けた穴
プロペラシャフトも外します これだけのブッシュを交換しました 組み上げていきます

とにかく全て外す。まずはそこから作業が始まります。
ブッシュを抜き取る作業は、専用工具を使っても何時間も掛かってしまいます。
今回はエンジンマウント交換もあり大掛かりな作業でしたので、2日掛かりの作業となりました。
ちなみに、今回の作業はE36ベース アルピナB3でご紹介しました。
部品代+工賃で約20万円



E30編
ブッシュがちぎれていました。右側が新品ブッシュ 今回はメンバーブッシュのみの交換です プレスでブッシュを抜きます
外したメンバー メンバーとデフを下ろしたところ メンバーブッシュは特殊な工具で抜きます
    
リヤメンバーを外したところ リヤメンバーを外したところ    

2台共、コレで新車並みの走りに戻りました。(フロントは既に交換済み)
ベストなエンジン&シャープなハンドリングがBMWの本来の楽しさとも言えます。これを楽しまなければ意味がありません。
爽やかな走りに、きっとお客様もご満足いただけることでしょう。

部品代+工賃で約70,000円
2007.10

前ページへ         前ページへ
   copylight (c) 2005 poleposition all rights reserved.