Maintenence Log.22
自分で出来るメンテナンス
Z3リヤスクリーン交換編

Z3。今でも人気の高いシリーズです。
1996年に発売されて、早10年が過ぎたこのモデル。最近ではメンテナンスでも手の掛かる事が多くなってきました。
そこで、今回は基本整備はさておき...。ご自分でも出来る整備をご紹介いたします。

最近では、様々なウェブサイトでも交換方法などは紹介されているので、ご部品の輸入・販売だけでも、年間数十人のお客様からお問い合わせを頂いている商品です。

取り付けられている部分はジッパーで固定されているので、それを外して入れ替える単純な作業です。
しかし、コツがあり失敗すると部品そのものを駄目にしてしまいますので、自信のない方は作業をご依頼下さい。

*幌の状態が悪い場合は、交換できない場合もあります。
 又、交換の際は幌がぬれていると作業できません。作業予定日が雨だった場合は作業日の変更を致します。

純正部品をアメリカから輸入しております。常時在庫あり。
ディーラー定価 
\40,100(税別)  →\32,080(税別) 
作業時間1〜2時間 工賃\10,000(税別)

*E36、カブリオレ用リヤスクリーンも在庫あります。
ディーラー定価 \75,600(税別)  → 
\60,480(税別) 

*幌の交換はお受けしておりません。

2007.3
*表示価格は作業当日のものです。部品価格や税率の変動によって価格に誤差が出る場合がありますのでご了承ください。
   copylight (c) 2005 poleposition all rights reserved.