毎日様々なトラブルと直面しています。これまでに当店で整備をした記録の一部をご紹介しましょう。
似たような症状でお悩みの方、お早めにご相談ください。
 1.タイミングベルト交換  2.消耗品交換  3.消耗品交換U  4.エンジン修理  5.エンジン不調
 6.オーバーホール  7.エアコン修理  8.ヒーター修理  9.オーバーヒート  10.カブリオレ幌交換
 11.ドレスアップ  12.自分でメンテナンス  13.足回り交換  14.ブレーキOH  15.トランスプログラム
 16.AT載せ換え  17.天井修理  18.モール交換  19.究極のボディー補強  20.O2センサー交換
 21.カムチェーン異音対策  22.リヤスクリーン交換  23.オイル漏れ  24.リヤ足回りブッシュ交換  25.シート修理
 26.メーター修理  27.社用車点検整備  28.ベルトテンショナー  29.レジスター交換  30.クラッチ交換
 31.エアバック警告  32.オンボードCP修理  33.4輪アライメント調整  34.パワーウインド修理  35.社外スタビライザー修理
 36.クーラント漏れ修理  37.必須冷却系修理  38.社用車定期点検その2

*番外編* 出張修理 in Hawaii
 オーバーヒート対策  アイドリング不調  ブレーキ交換  マフラー修理  マフラー修理U
 マフラー修理V  ドアハンドル交換

Maintenance Log.15

トランスプログラム

91年モデルからツインカムエンジンが導入されて、もう10年以上経ちます。
このあたりのモデルで最近よく持ち込まれるのが、スピードメーター内の警告表示に
TRANS PROGRAM” が出てしまったというもの。
これは、オーナーズマニュアル(取扱説明書)によると、「オートマチック トランスミッションの電子制御の不良です。」と書かれていますが、実は、大半がエンジンのスパークプラグの上にあるイグニッションコイルの不良なんです。
これが悪くなると正常に点火せず、誤ったエンジンの回転数をコンピューターが読み取ってしまい、オートマチックの制御を狂わせて、
"TRANS PROGRAM" の警告が点いてしまうという訳です。
もちろん、オートマチックトランスミッション(AT)が壊れていたら、交換しても直りませんが・・・。
今回は、ツインカムエンジンのイグニッションコイルの交換をご紹介します。
この症状が出ている方、是非ご参考に。

DOHC化されて、プラグコードは無くなりました まず、エンジンカバーを外します この中にイグニッションコイルが見えます。(1つのプラグに1個ずつ)
外したコイル、かなり傷んでいました 新旧の違い
見た目も違うけど、問題は中身!
外すと奥の方にプラグが見えます
・・・プラグ見えます?
新品を組み込む 全て新しくなりました せっかくカバーを外したので、洗ってキレイにしてから組みます

交換後は気持ちいい吹け上がりが帰ってきます。試乗して "TRANS PROGRAM" がつかなければOK。わずか30分の作業ですが、聞いてびっくり!! このコイル1個 \15,750 もするんです。 (ディーラー価格) 6個交換して、\94,500・・・。
約10万円の部品代は高いかも知れませんが、警告が点いたまま走行を続けると異常信号を送りつづけて、最後にはコンピューターが壊れてしまうんです。
また、ダイナモ(オルタネーター)の過充電が原因でも、
"TRANS PROGRAM" が出る事がありました。
ダイナモOHで解決した事もあります。

そこで朗報!! US直輸入にて1個 \
10,290でご提供します!!
部品のみの販売(業販や地方発送)も大歓迎です。ご相談下さい。


前ページへ         次ページへ
   copylight (c) 2005 poleposition all rights reserved.