毎日様々なトラブルと直面しています。これまでに当店で整備をした記録の一部をご紹介しましょう。
似たような症状でお悩みの方、お早めにご相談ください。
 1.タイミングベルト交換  2.消耗品交換  3.消耗品交換U  4.エンジン修理  5.エンジン不調
 6.オーバーホール  7.エアコン修理  8.ヒーター修理  9.オーバーヒート  10.カブリオレ幌交換
 11.ドレスアップ  12.自分でメンテナンス  13.足回り交換  14.ブレーキOH  15.トランスプログラム
 16.AT載せ換え  17.天井修理  18.モール交換  19.究極のボディー補強  20.O2センサー交換
 21.カムチェーン異音対策  22.リヤスクリーン交換  23.オイル漏れ  24.リヤ足回りブッシュ交換  25.シート修理
 26.メーター修理  27.社用車点検整備  28.ベルトテンショナー  29.レジスター交換  30.クラッチ交換
 31.エアバック警告  32.オンボードCP修理  33.4輪アライメント調整  34.パワーウインド修理  35.社外スタビライザー修理
 36.クーラント漏れ修理  37.必須冷却系修理  38.社用車定期点検その2

*番外編* 出張修理 in Hawaii
 オーバーヒート対策  アイドリング不調  ブレーキ交換  マフラー修理  マフラー修理U
 マフラー修理V  ドアハンドル交換

Maintenance Log.13

足回り交換

ビルシュタインショックの取付け
当店が何故ビルシュタインショックにこだわるかと言うと、硬すぎず、しっかりしている上、しなやかな乗り心地になるからです。
時々、他の安いショックを持ち込みで交換することがありますが、新品を箱から出してみると、すでに減衰力が落ちていたり、抜けていたりする物も沢山見て来ました。
ビルシュタインで、スポーティーなハンドリングが一層楽しくなるはず!!
是非お試しください。
ストラットを外すには、ロアアームやタイロッドエンドのボールショイントを、プーラーで抜かなくては外せません。 次にストラットを外します。 スプリングコンプレッサーを使い、サスペンションを縮めて外す。
ノーマルショックを、ストラットから抜き取ります。 上が、ザックス製のノーマルのショック。
下が、ビルショタイン製。太さが違うのがわかりますか!?
これが倒立ショック、逆さまに組み入れています
左がH&R、右がノーマル。
巻き数も太さも、全然違います



通常は、これを組んでおしまいなのですが、今回はロアアームとブッシュの交換も、並行して行ないました。
上が新品、下が古いロアアーム。
古くなると、左と中央のボールジョイントがダメになるんです。
ロアアームの付け根にあるブッシュ。
ここに亀裂が入っていたので、これも交換!!
左が新品、右が古いブッシュ。写真ではわかりづらいですが・・・。
ブッシュは圧入されています。
抜く時も入れる時も、このようにプレスを使用して入れ替えます。



ショック交換の際に、もうひとつ交換をお勧めするのがアッパーマウントです。
フロントショックマウントは、エンジンルームのここにあります。 ストラットの一番上に付きます。 左が古い物、右が新品
明らかにへたっているのがおわかりになるはずです。
フロントアッパーマウントの中には、ハンドルを切った時スムーズに回るようにベアリングが内蔵されています。 古くなると当然ベアリングも劣化します。 新品のベアリング
交換後は、ハンドルも軽くなります。

リヤショックアッパーマウントは次の機会にご紹介します。
運転中、後ろからギシギシ鳴っていたら、リヤマウントの可能性大。早めの交換をお勧めします。


前ページへ         次ページへ
   copylight (c) 2005 poleposition all rights reserved.