ポールの中年サーファー奮闘記


僕の大好きなハワイ、1983年から30回くらい行っているだろうか?
何故か今までサーフィンをする事が無かった。
冬のノースショアは行く度に見に行っていますが、別世界の物であり、まさか自分がサーフィンをやるとは思っても見ませんでした。
しかし、2006年6月あるきっかけがありサーフィンを体験する事になりました。
もうすぐ42歳になろうとしている中年サーファーの誕生です。

初めてサーフィンを体験
いつもハワイのことを考えている私を、妻は金太郎と呼びます。
頭の中どこを切ってもハワイが出てくるからです。
ハワイの有名サイトは毎晩チェック、その中にモーハワイという面白いサイトがあり。
なかでも『立て、立つんだジョー』というコーナーは腹を抱えて笑ってしまいます。
この記事を書いているシンゴ21君は、文章を書く才能があるのでしょうね。
このコーナーに応募して体験する事になりました。

ハワイの海は最高ですね。
ダイヤモンドヘッドも見守ってくれています。

運動神経には自信があった私は、ゴルフやスノーボードも最初からそれなりに出来ていましたし、サーフィンを少しなめていました。
最初のテイクオフ。 見事大き目の波をゲットし最初からロングライド!!  最高に気持ちいい〜 
やはり簡単だ!! 調子に乗った私は次から来る波に叩きのめされることに、、、
夏のワイキキの波は、サウススウエルという南から来る波で結構大きくなります。
チャレンジは2時間続きましたが最後にもう1回乗れただけ、2時間で2回乗れただけでしたが、それでもとても良かったです。
波に揉まれて、格闘し、くたくたになって岸まで帰れないと思うほど疲れました。
しかし、このなかなか出来ないと言うシチュエーションが私の心に火をつけました。
最初に立った感覚が忘れられずに、次回の1月の渡ハまで筋トレで鍛えなくては!!
この時に日本でやろうとは思っていませんでした。
1983年に初めてハワイに行って以来、日本の海に行ったことがなかったんです。
汚い海、グレーの湿った砂、魚くさい潮風、ハワイと比べると雲泥の差です。


2回目チャレンジ
2007年1月、筋トレもそれなりにやってきましたし、2回目と言うことで自信もあり再びサーフィン。
今回は知人の紹介でプロのインストラクターに付いて貰いました。
毎年ハワイで待ち合わせしている、同い年の岐阜在住のM氏も誘って一緒にサーフィン。

アラモアナも有名なサーフポイントです。
後ろにはWレインボウが掛かっています。

アラモアナビーチのケワロポイントでゲッティングアウト。
M氏は途中でウニを踏んでリタイヤ、これが結構な怪我になってしまい。この後ワイキキの病院へ行くことに、、、、、
岸へ帰る彼を横目に、波も良かったし、ボードも良かった、指導者も良かったので見る見る上達。
考えられない程のロングライドを連発、気持ちいい〜
もうやめられません。 数日後遅れてやってくる従業員達にも経験させねば!
誰もが興味はあるがなかなか経験できないサーフィンをハワイで経験できる。
こんな幸せなことは無いでしょう?
と言うことで『立て、立つんだジョー』で経験させました。

みんな笑顔です。映画の一シーンの様です。
しかし、この後サーフィンの厳しさを味わう事になります。

しかし、この冬の時期は北側の有名なノースショアはすごい波が立ちますが、南側のワイキキはあまり良い波はありません。
誰も立つことができませんでした。
サーフィンの気持ち良さの一部と、厳しさが味わえたと思います。
この後、帰国後にサーフィンを始めたのは1名だけでした。


国内デビュー
今回のサーフィンですっかりはハマってしまった私は国内でやることを決意。
ネット検索で湘南のショップをイロイロ調べた結果、鵠沼のT−Stickさんでお願いする事にしました。
日本の事情は右も左もわからなかったのでスクールに入り、イロハを習うことに
経験はあったので、テイクオフなどは問題ありません。 波は力が無く小さいです。
その分乗りにくく、聞くところによるとやはりハワイの波は乗り易いらしいです。
波の見極め方や、ローカルルールなど勉強になりましたし
とても親切なショップだったので、ウェットスーツとロングボードを即注文。
ボードは数十時間ネットに張り付いて検索した結果、BEARという老舗メーカーの物に人目惚れ。
偶然このショップがBEARの数少ない代理店だったこともラッキーでした。
サーフテック、タフライトという最新の技術を駆使したロングボード、Parformance 9.0がそれです。
黄色好きの私には、この板しか無い!!って感じです。今年のカタログからこの色が消えましたので、更にラッキーでした。
マイボードを抱え、2月初めから毎週鵠沼に通っています。 楽しくてしょうがありません。
暖冬とはいえ真冬の海に通う私を見て、従業員も面白そうだと思ったのでしょうか
1名だけサーフィンをやりたいと言い出しました。
新入社員も誘ったらしく、2名をT−Stickに紹介いたしました。
やはり見事にハマってしまったらしく、即ウェアをオーダーして、板を注文して毎週通っています。

鵠沼に新しいショートボーダーの誕生です。


50肩再発!!
4〜5年前から50肩に悩まされていました。
横浜周辺、ありとあらゆる治療院を回りましたが、少し楽になる程度で、根本的な解決は出来ないまま、騙し騙し仕事を続けていました。
しかし、サーフィンを始めて毎週3時間海に入り放し、くたくたになるまでやりまくり
とうとう3月後半、サーフィン後着替えていた時にそれは来てしまいました。
グキ!! 激痛が右肩を襲います。それから動かすことが出来ません。
車の運転も、ハンドルにどうにか手を添えられるくらいで、BMWの場合ウインカーが左なので何とか運転は出来ますが、
右手でシフトの切り替えやサイドブレーキを掛ける事も、ラジオのボリュームも動かせないほどです。
3日間痛くて痛くて寝ることも出来ませんでした。 仕事が忙しくて休むことも出来ずに次の月曜日まで我慢してセンター南の大学病院へ
検査の結果、腱板損傷で1ヶ月安静にして再検査が必要で、それまでは毎週炎症を抑える注射を肩の関節に打つことに(痛)
う〜 やっとターンも出来るようになってきて上手くなってきたのに、、、、、、
連休明けの5月7日にMRIを撮って、結果が悪ければ内視鏡による手術になるそうです。
サーフィンがやりたい!!海に入りたい!!
春用のウェットスーツもオーダーしたばかりなのに、出来てきても今シーズン着れないでしょうね。
でもここで無理をしてはいけません。
僕は60歳を過ぎてもサーフィンを続けると決めました。 その為にもここでしっかり治療して完治させてから再チャレンジです。
今は毎晩、毎休みサーフィンのDVD漬けです。 イメージトレーニングは大事ですから。
朝晩の筋トレも、肩に負担の掛からないように続けています。 再開に向けて体は作っておかないといけませんからね。
大好きなお酒も帰国後から飲んでいません。 飲むと筋トレが出来なくなるからです。
スケートボードも購入しました。今まで若いアンちゃんのお遊びだと思っていましたが、ある日街でスケートボードで遊んでいる中学生が、、、、
あっ!!これはサーフィンのターンと同じ動きではないか!! 目からうろこ。
後で知りましたが、サーファーが波の無い時に陸で練習するために開発されたのがスケートボードだったんですって。
毎晩、会社でスケートボードに乗って陸トレしています。

40過ぎた中年男性がスケボー 汗だくでトレーニング 決して絵にはなりません。

今はサーフィン金太郎です。
6月のハワイ旅行が控えていますので、その頃に少し動かせればいいのですが、、、、
マイボードを持っていく予定なんですが、果たして?


つづく、、、、